カラコンを正しい洗い方で洗い、角膜を守りましょう

カラコンを洗う準備

カラコンを外す前に、以下の物を準備しておきましょう。
・洗浄保存液
・保存ケース
・目薬
保存ケースは清潔に保ち、定期的に新品に交換しましょう。
洗浄保存液は、必ず使用しているコンタクトレンズにあったものを選びましょう。
洗浄保存液の使いまわしは禁物。必ず新しいものを使いましょう。
水道水での洗浄は細菌発生の元となってしまいます。水道水での洗浄は絶対にやめましょう。
洗浄保存液はMPS(マルチパーパスソリューション)を使うと便利です。洗浄・保存・すすぎ・消毒が一つの液で対応できます。

 

手を洗う

カラコンや眼の周辺を触る前に手を石鹸でキレイにあらいます。
水だけでは細菌やウイルスが残ったままなので、必ず石鹸を使いましょう。
不潔な手でふれることで眼の病気になったりすることがあります。
軽度な場合はものもらい程度ですみますが、重度な場合は角膜が細菌感染してしまうことがあります。
そうならないように、手を清潔にしてからコンタクトの取り外しを行いましょう。

 

カラコンを外してこすり洗い

清潔な手でカラコンを外し、手のひらにカラコンを乗せます。
片面に洗浄液を2~3滴たらし、指の腹を使って30秒程こすり洗いします。
このとき、爪が伸びていたり、爪を立ててしまうとカラコンにキズがついてしまいます。破損の原因になりますので、注意しましょう。
強い力でこすりすぎるのも同様です。
こすり洗いは必ず両面行います。

 

すすぎ洗い

こすり洗いが終わったらすすぎ洗いをします。
こすり落とした汚れをしっかりすすぎ落としましょう。
このとき、カラコンを一緒に流してしまわないように、注意しましょう。
手のひらの真ん中にのせ、少し洗浄液を手のひらにためるようなイメージでやるとやりやすいです。

 

保存ケースに入れる

すすぎが終わったら、保存ケースにしまいます。
あらかじめ新しい保存液(洗浄・保存液が同じ場合もあり)をレンズケースに入れておき、そこに洗浄したカラコンを入れます。
カラコンは必ず4時間以上保存液で保管して下さい。
4時間以上あけることが出来ない場合は、もったいないですが新しいカラコンを使うようにして下さい。

 

 

【ハードレンズの場合】
ハードレンズの場合、たんぱく除去剤を使ってたんぱく汚れを落とす方法もあります。
先ほどと同様に清潔な手でレンズを外し、保存液を入れたレンズケースに入れます。
保存液が入った状態で、そこにたんぱく除去剤を追加します。
4時間以上保存液の中に漬けておき、洗浄液でカラコンとレンズケースを濯ぎます。